動画編集

【動画編集】YouTube編集を学べる安いオンラインスクールを厳選紹介!

  • YouTube動画を学べるおすすめの動画編集スクールを知りたい
  • 動画編集のスクール・講座って多すぎてどれがいいかわからない!
  • すぐに稼げるようになる値段が安い講座ないの?

YouTube動画の編集需要も高まって来て、最近では動画編集を学べるオンラインスクールも増えて来たので上記のような悩みがある方は多いとおもいます。

いまの動画編集スクールはただ編集スキルが学べるだけでなく、YouTube動画の作成に重宝するテクニックや案件獲得のコツまで教えてくれるスクールが質の高いスクールと言えます。

 

レイン
レイン
レインです。登録者約5000人の解説系YouTubeチャンネルの運営と、登録者30万人以上のチャンネルの編集代行を行っています。

 

今回は30万人YouTuberの編集者&登録者5000人チャンネル運営している僕が

数ある動画編集スクールの中から、YouTube動画の編集や案件獲得スキルが学べる「稼げるようになる」オンラインスクール、講座を3つ厳選しました。

この記事を読むことで下記のような動画編集スクールがわかるので最後までぜひご覧ください!

  • YouTube編集案件を穫れる
  • クリック率の高いYouTube動画を作れる
  • フリーランスで食っていける動画編集スキルが身につく
  • 動画編集案件を紹介してくれる環境が手に入る

比較的安いスクールを選んだので、予算が少ない人も安心してください。

 

安くてYouTube編集が学べるオススメの動画編集スクールはこれ!

今回僕が厳選したのは下記の3スクールです。
結論、それぞれどんな人におすすめか簡単にまとめると、

  • すぐに動画編集案件を獲得したい
  • YouTubeで実績ある講師から学びたい
    ⇒MovieHacks(69,800円)
  • まとまったお金が出せないけど本気で動画編集を学びたい
  • 普段忙しくで学習時間をあまり確保できない
    ⇒クリエイターズジャパン(月々3,325円~)

それぞれ詳しく解説していきます。

 

MovieHacks

YouTube特価型の動画編集講座を掲げているMovieHacksは動画編集者でチャンネル登録者1.5万人のYouTuberとしても活躍している「生ハム帝国」こと福島寛人さんが講師の動画編集講座です。

個の力を身につけるをコンセプトにしたスクールを複数運営している「スキルハックス」の講座で、「動画編集の仕事を獲ること」や「重宝される動画編集者になるためのスキル」を学べます。

 

 

特徴・メリット

  • 卒業後に仕事を紹介してもらえる
  • YouTubeで実績のある有名動画編集者が講師
  • 買い切り講座なのに無期限のサポート付きでコスパ最強
卒業後に仕事を紹介してもらえる

なんと言ってもMovieHacksの最大のメリットといえば「卒業後に案件を紹介してもらえるコミュニティに無料で入れる」ことでは無いでしょうか。

冒頭でもお伝えしたように、講座やスクールを受講する人の多くは動画編集を学んだ先に「動画編集を仕事にしたい」という目的を持っている方が多いと思います。

なので編集スキルを学ぶだけではなく、このような紹介制度があるMovieHacksは「動画編集で食って行きたい人」にぴったりです。

 

YouTubeで実績のある有名動画編集者が講師

また、YouTubeで実績のある「生ハム帝国」さんが講師ということもあり、カリキュラムには「サムネイルのクリック率」「ビジネス動画編集」「エンタメ動画編集」を学ぶ項目なども含まれており、「YouTube運営」「YouTube動画編集者」として活動していくスキルを身につけることができます。

 

買い切り講座なのに無期限のサポート付きでコスパ抜群

MovieHacksは買い切りの講座にも関わらず、無期限の無料サポートがついています。

アフターサポートや卒業後のコミュニティは有料のスクールが多いのですが、動画編集は実践していなかで操作の疑問点などが出てくることも多いのでこれも嬉しい内容です。

 

デメリット

分割払いが選べない

MovieHacksのデメリットは分割払いが選べないことです。

そのため、約7万円のまとまった金額を支払う必要があります。

しかし、講座のトータル費用としては他の動画編集スクールに比べて安く、卒業後に案件を紹介してもらえる環境があることを考えると、コスパは良いと思いますし、しっかり取り組めば講座代はすぐ回収できるんじゃないかと思います。

 

クリエイターズジャパン

クリエイターズジャパン引用:クリエイターズジャパン(https://creators-jp.com/jtd46k/)

クリエイターズジャパンの「Premiere Pro講座」は1ヶ月で動画編集をマスターし、登録者数十万人のYouTuberから依頼される動画編集者になることを目指すスクールです。

また、こちらのスクールもYouTubeの再生数や視聴時間を伸ばすことに特化したカリキュラムも含まれているので、YouTube編集に携わりたい人向けのスクールです。

 

 

特徴・メリット

  • 受講者限定サロンで案件を紹介してもらえる
  • 月々3,325円~学べる
  • 忙しくても1日1時間、1ヶ月で受講完了できるカリキュラム構成
受講者限定サロンで案件を紹介してもらえる

クリエイターズジャパンでは受講者同士の交流ができるサロン(コミュニティ)が用意されており、受講者同士の交流はもちろん、MovieHacksと同様、動画編集案件を紹介してもらえたりします。

ただし、サロンは最初の2ヶ月が無料で3ヶ月目からは有料(月額1,480円)なので注意してください。

 

月々3,325円~で受講できる

クリエイターズジャパンでは受講料を24回まで分割払いにすることが可能なので、まとまったお金が無くても月々の負担が少なく学べます。

「月々の負担は少ないけどトータルしたら一括で払うのと同じじゃん」

と思うかもしれませんが、クリエイターズジャパンでは受講者限定のサロンで案件を紹介してもらえたりといった特典もあるため、しっかり学んでいれば月々の支払いをしている間にスクールの月払い分の仕事を受注できる確立はかなり高いです。

そういう意味では、まとまった金額がなくても、このような環境が手に入る価値はとても大きいですね。

 

忙しくても1日1時間、1ヶ月で受講完了できるカリキュラム構成

カリキュラムが効率的に組まれており、本業が忙しくてなかなか時間が取れない人でも1日1時間を一ヶ月で受講完了できるようになっています。

 

デメリット

サロンの参加は3ヶ月目以降有料

前述したように、サロンへの参加は3ヶ月目以降は有料(月額1,480円)となるので、受講後にコミュニティで人脈を広げたり、案件を紹介してもらうのであればランニングコストがかかる形になります。

個人的には、仕事を斡旋してもらえて、同業者のつながりが持てる環境を得るための金額として、月1,480円は破格中の破格だと思うので、クリエイタージャパンを受講するのであればできるだけ入った方が良いんですが、どうしてもお金がきつい人にとっては悩みどころですね。

「ランニングコストは掛けたくないけど、案件は紹介してほしい」という人はMovieHacksの方が良いかもですね。

 

テックアカデミー

引用:テックアカデミー(https://techacademy.jp/videoediting-bootcamp)

テックアカデミーの「動画編集コース」は一人では勉強が続かない人のためのパーソナルメンター付きの動画編集スクールです。

テックアカデミーもYouTubeで動画配信をしたり、YouTubeで反応の良い動画を作るコツを学ぶことができます。

 

特徴・メリット

  • 専属のパーソナルメンターがサポートしてくれる
  • 受講生のスキルや目的に合ったカリキュラムを組んでくれる
専属のパーソナルメンターがサポートしてくれる

テックアカデミーの一番の特徴です。
受講者のスキルや進捗に合わせて学習スケジュールをメンターが管理してくれるので、サボり癖のある人でも強制的に学ぶ環境を構築することができます。

 

受講生のスキルや目的に合ったカリキュラムを組んでくれる

他のスクールと違い、決まったカリキュラムをこなすのではなく、受講者のスキルや目的に合わせてカリキュラムを組んでくれるので、より目的にあった濃い内容を学ぶことができます。

例えば、「動画編集ソフトを少し本業で触ったことがあって、基礎スキルのカリキュラムは学ばなくても大丈夫だな…」とか「エフェクトのところだけ重点的に学びたい」みたいな状況でもその人にあったカリキュラムを組んでくれるので、無駄なく満足度の高い学習をすることができます。

 

デメリット

期間が決まっているのでカリキュラムを終えれない可能性がある

テックアカデミーはほかの講座とは異なり、講座の受講期間を4週間、8週間、12週間の中から選択して、カリキュラムを消化する形態をとっているので、カリキュラムの進捗に遅れが生じると、期間中にすべてのカリキュラムを学べない可能性があります。

終わらなかった分は追加料金を支払って期間を延長する必要がある(カリキュラムは期間終了後も閲覧はできます)ので決められたスケジュールをもとにしっかり時間を確保して受講できる人でないと向いていないかもしれません。

 

卒業後のサポートが弱い

前述のように、受講期間終了後は追加料金を支払わないとメンターサポートが受けれないのと、他の2つの講座にはあった案件紹介やサロンのような受講者特典が無いので、すぐに編集案件を獲得したい人は他のスクールを選んだ方が良いですね。

 

まとめ

今回は「YouTube編集が学べる動画編集スクール」を3つ厳選して紹介しました。

まとめると、

  • すぐに動画編集案件を獲得したい
  • YouTubeで実績ある講師から学びたい
    ⇒MovieHacks(69,800円)
  • まとまったお金が出せないけど本気で動画編集を学びたい
  • 普段忙しくで学習時間をあまり確保できない
    ⇒クリエイターズジャパン(月々3,325円~)

こちらですね。

自分の状況とスクールの特徴を照らし合わせて、自分にあったスクールを見極めてください!

それでは今日はこのへんで。